クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

コラム

職場の人間関係と仕事探しの本質

投稿日:

会社員が自分の職場で仕事にワクワク出来るか?
上司はイケているか?
どちらもNoなら、職場を変えた方がいい。

上司が嫌い、合わない

普通に働いている人は、その会社の先輩達が作った仕組みに従って動いている。

意思決定はトップダウンで、社員は言われたことをきっちりとやることが仕事なわけです。
多くの人は、かっちりと決まったオペレーションを愚直に守って働いている。

社員で普通に働いている人は、構造的にそうなるだろう。
普通に雇われて普通に働いていると、後述する顧客創造の概念がない。

お客さんの立場に立って自分で創意工夫していくという発想が無ければ、
仕事は辛く、毎日早く終われと思っているでしょう。

特に現場に近いメンバーほど視野が狭くなりがちです。
皆が目の前の仕事に一生懸命だから当たり前です。
その狭くなってしまった視野を広げるのは、上の人にしかできません。

ピーター・ドラッカーの言う企業の目的とは?

著名な経営学者、ピーター・ドラッカー氏が言う。
企業の目的とは「顧客の創造である」。

「想像力を働かせて、お客様のために何ができるか?」と、
経営者や上司から、現場で働く社員へ質問を投げかけようと、ピーター・ドラッカー氏は言っています。

顧客の創造とは、お客さんの立場から、お客さんの求める価値を生み出すことです。

部下は、この要求を一見厳しいと思うでしょう。

ダメな上司のケースは様々ではあるが、この厳しい要求をしない上司は少なくないでしょう。

上司が部下を育成する

逆にそういった問いかけをしなくなると、現場の社員の仕事はただの作業になります
ただ言われたことをやるだけのルーティンワークです。
これでは仕事が楽しいはずがない。新しい発想も生まれることもない。

部下のモチベーションの大半は上司によって決まります。

部下に対して、

お客さんはどう思っていると思う?
それで次はどうしたらいいと思う?

とプレッシャーに感じるような質問をしましょう。しかし、それはそれは悪いことではない。
プレッシャーから能力が引き出され、部下はワクワクしながら仕事をするようになります。

上司から部下へのプレゼント

部下が言ってくることを、ただ受け入れるだけの上司になってはいけません。

自分には無関心だと思い部下はモチベーションを失います。
そういった上司の態度からイノベーションは絶対に生まれないのです。

物わかりのいいだけの上司は、部下の成長の機会を奪っているのです。

単に厳しい要求をすればいいわけじゃなが、部下に嫌われることを恐れてはいけない。

逆なのです。
例えば、スマホゲームで、レベル2のまま勝ち続けても、全然面白くないでしょう。
思いもしない敵や困難が現れるからゲームは面白いのです。

ヘラヘラして厳しい要求ができないと、部下に嫌われます。
適度なプレッシャーと緊張感は必要なのです。

部下に仕事へのワクワク感をプレゼントしましょう。

ただし、以下に注意してください。

  • 一度任せたら、あとは責めてはいけない。
  • やっていいのは一緒に反省するだけ。

部下から、「合わない上司」と思われない為に

上司は部下が挑戦出来るように、多少厳し目の要求をして結果については自分が責任を取る。

これができない上司は最低です。
特に良くないのは部下が挑戦した後に、後出しで文句を言うことです。
これは最も信用を失うので絶対にやめましょう

1. 厳し目の要求をして考えさせる。成長を即す。そして「君ならできる」と応援する。
2. 最終的な責任は全て自分が取る覚悟を持つ。
この2つが無い上司が部下に信頼されることはないと心得ましょう。

上司が嫌いな場合

あなたの上司がダメな場合、その環境を作っている、あなたの会社がダメなのです。
もし、あなたが配置転換を申請して通ったとしても、またダメな上司になる可能性が高いでしょう。

他で経験を積めば、自分のキャリアを客観的に見れるでしょう。

終身雇用の時代はとっくに終わっています。

さっさと転職しましょう。

まとめ

辛い職場なのに真面目な人ほど逃げたらいけない思い込み、何年も耐え続けた挙げ句に、

体調を崩したり、精神を病んだりといった話はたいへん多い。

しかも、自分の市場価値は上がらないまま。

どうでしょう?

仕事は楽しいか?

部下から見て自分はイケている上司なのか?

そうでないなら、どうしたらそうなるかを考えましょう。
答えは必ず見つかります。

 

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-コラム

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.