クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

コラム

高速道路の事故と防止策

投稿日:

高速道路ではどんな危険があるの?事故の種類と原因を調べてみた

高速道路は自動車専用道路であるため、一般道よりも比較的安全であると考えている人も多いかもしれません。

確かに事故の件数自体は一般道に比べれば少ないかもしれませんが、高速で走行する車が一度事故を起こすと、生命に関わる重大な事故につながる可能性が高いです。そこで、高速道路で起こる事故の種類や原因、気をつけるべきポイントをご紹介します。

高速道路で多い事故は?

では一体どのような事故が多いのでしょうか?以下でご紹介します。

反対車線へのはみ出し

片側一車線の場合、中央分離帯はポールで仕切られただけになっており、走行中の車が反対車線にはみ出して対向車と正面衝突をするケースが存在します。

逆走

サービスエリアや合流で誤って進行方向と反対の方向に走行してしまい、向かってくる車と正面衝突することがあります。特に認知症や高齢のドライバーに多い傾向があります。

停止している車や降り立った人に衝突

高速道路上での車両の故障や事故で本線や路肩に停止した自動車や、路上に降り立った人に後続車が衝突するケースも存在します。故障車はまず三角掲示板などの停止表示器材の表示を必ずしましょう。

車外へ放り出される

シートベルトを着用していない場合にガードレールなどへの衝突により、乗車している人が窓ガラスを突き破り車外へ投げ飛ばされ、地面に落下したり後続車にひかれたりするケースがあります。

特に高速道路では全席シートベルトの着用が義務付けられているにも関わらず未着用だった乗員が放り出される場合が多区なっています。

ちなみに、シートベルトを着用していない場合、「座席ベルト装着義務違反(違反点数1点)」となります。

渋滞最後尾への衝突

道路上での車両故障や事故、工事などが原因で発生した渋滞の最後尾に後続車両が気づかずに衝突する事故もあります。

高速道路で事故が発生する原因

高速道路で事故が発生する原因は、以下のような原因が考えられます。

前方不注意

前方不注意は、カーナビや後部座席などの運転以外のことに気を取られすぎて前方確認を怠ってしまう違反行為です。

特に高速道路は速度が速いため、少しでも目をそらすとブレーキが間に合わずに前方の車に追突してしまう可能性が高くなります。

そのため、どうしても確認したいことがある場合は、次のパーキングエリアなどに停止してから行いましょう。

思い込み

前方の車が「まさか急ブレーキをかけるとは思わなかった」などといった思い込みで危険回避を怠ることによる事故の原因となります。

そのため、常にかもしれない運転を心がけ、常に周囲の車の動きに気を使いましょう。

運転操作ミス

ハンドルを切り間違えたり、ブレーキとアクセルを踏み間違えたりし、運転操作をミスすることにより事故を起こしてしまうことが原因となります。主に初心者ドライバーや高齢者が起こしやすいでしょう。

また、右ハンドル車のフェラーリやポルシェなどのスーパーカー、またはFFの小型車等は前輪とペダルの位置が近いので、アクセル、ブレーキペダルがかなり左に寄せられている場合がある。こういうクルマは危険だし疲れるのでお薦め出来ません。

車の整備不良

タイヤのバーストや車の故障などのトラブルが原因で車を停止させている時に事故に巻き込まれてしまうこともあります。

日常生活で滅多に車のトラブルがは起こらないため、高速道路で発生するとパニックになってしまい、そのまま衝突してしまうケースもあります。

車間距離が近くて接触

一般的に高速道路での車間距離は走行している速度と同じ距離を保たなければいけないとされています。

例えば時速80キロで走行していれば車間距離は80m必要とされています。

この車間距離を保たずに走行を続けることで、万が一前車が急ブレーキを踏んだ際に追突してしまうことがあります。そのため、走行中は適切な車間距離を保つようにしましょう。

高速道路での事故防止のためにできること

高速道路で事故を防止するために、事前にできることは以下の通りとなります。

マインドセット

優しさをもつ。まずは自分に優しくする

体調管理

十分な睡眠、深呼吸、適度な運動、ストレッチ等

車の点検をする

高速道路で車を停止させることは大変危険であるため、走行前に念入りに点検をしておく必要があります。もし、過去に点検をしていない車で点検に自信がない場合は、ディーラーや業者に点検をお願いすることをおすすめします。

道路状況を事前に確認する

ネットや高速道路上の電光掲示板で事前に高速道路の状況を確認しておくことにより、事故を起こすリスクを減らすことができるでしょう。

危険な車とは関わらないようにする

高速道路ではドライバー同士のトラブルにから事故に発展するケースも少なくありません。

危険な動きをする車を見かけた際は、速度を緩めたり、車線変更したりしてやり過ごすようにしましょう。

 

 

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-コラム

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.