クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

コラム

高速道路緊急ダイヤルを使う

投稿日:

使用するケース

高速道路を走行中、次のようなものを発見した場合には高速道路緊急ダイヤルに連絡する必要があります。

  • 標識や表示の損傷
  • 路面の損傷(陥没、剥がれ、崩壊など)
  • ガードレールなどの損傷
  • 落下物
  • 動物の死骸

高速緊急ダイヤルとは

高速道路緊急ダイヤルは、道路の異常や損傷、道路上の緊急事態に関する情報について24時間受け付ける全国共通のサービスのことです。

この緊急ダイヤルに対して、迅速な対応を取り、二次被害の発生を防ぎ、道路の安全を確保することを目的としています。

ただし、交通事故については警察(110番)へ連絡するようにしましょう。

高速緊急ダイヤルの通話方法

高速道路緊急ダイヤルは固定電話、携帯電話などから可能で、通話料無料「#9910」の短縮ダイヤルでかけることができます。

全国の高速道路、国土交通省が管轄する国道はすべて対象となり、24時間通話可能となります。

ダイヤル後、自動音声ガイダンスが流れるため、ガイダンスに従って道路名を選択します。その後、該当する道路の管理者に繋がるため、詳しい情報を伝えます。

高速緊急ダイヤルを使う時に注意すること

もし、携帯電話からかける場合は運転中に行うのは絶対にやめましょう。

特に高速道路では故障や事故でやむを得ず走行できなくなった場合でしか駐停車することができませんので、必ず同乗者からかけるか、サービスエリアなど安全な場所に移動してからかけるようにしましょう。

万が一、高速道路の本線上で停車して電話をかけなければいけない場合は、非常駐車帯や路肩に停め、発炎筒や停止表示板を設置します。

そのあとに、ガードレールの外など安全な場所に避難した上で電話をかけるようにしましょう。

携帯電話と非常電話の違い

一般的に非常電話は自動車専用道路で約1km間隔(首都高では500m間隔)、トンネル内では約200m間隔(首都高では100m)で設置されています。

受話器を取ったらすぐに管制センターにつながり、使用している非常電話の位置も管制センターに通知され、「故障」「事故」「救急」「火災」といったボタンがあるため、大まかな状況をすぐに伝えることができます。

そのため、近くに非常電話があれば利用する方がスムーズに連絡することができるでしょう。

まとめ

高速道路での緊急ダイヤルは「#9910」で、どの電話からでもかけることができます。

ただし、緊急時であるため、電話をかける前に自分の安全の確保を最優先してから行うようにしましょう。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-コラム

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.