クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

メンテナンス

高速道路でスタッドレスタイヤ・チェーンを付ける

投稿日:

大雪が降ると高速道路では通常のタイヤでの走行は大変危険な為、チェーン規制が行われる。

チェーン規制

チェーン規制を決めているのは各高速道路会社となります。
高速道路会社や交通警察隊のパトロールの結果、ノーマルタイヤでの走行が危険と判断された場合にチェーン規制となり、同時に追い越し禁止や速度規制も行われます。

ほとんどの都道府県では以下の2つうち、いずれかが条件となります。
・スタッドレスタイヤを装着している
・チェーンを取り付けている
※重要:安全の為に、必ず4輪に行いましょう

チェーンを装着しているか、代わりにスタッドレスタイヤを装着していれば大丈夫ということになります。

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤはスノータイヤの一種で、気温が0度以下になっても硬化しにくい特殊なゴムを使用しているタイヤとなります。
ゴムの表面が柔らかく、氷上の微小な凹凸を包み込んで摩擦抵抗を増加し、雪の路面上でも駆動、制動の効果を高めています。
そのため、雪道での走破性が優れているものの、チェーンには敵いません。

チェーンとは

タイヤチェーンには金属のピンがついており、このピンが路面に食い込むことで雪道でも高いグリップ力を発揮することができます。
ただし、走行中に振動や騒音が発生するため、乗り心地が良くないのと、乾燥した路面で使用すると切れやすいというデメリットがあります。

チェーン規制時にすること

チェーン規制とは、積雪や路面の凍結時にも安全に走行できる措置を講じる必要があるということです。
さらにこの措置は各都道府県別にそれぞれ定められているため、地域によって駆動輪にチェーンが必要であることや、タイヤが摩耗していないかなどの細かい条件があるところもあるため、近隣の都道府県の決まりを確認する必要があります。

スタッドレスだけでは危険な場合がある

条件上はスタッドレスタイヤのみでも大丈夫というものの、「チェーン装着車以外通行止」という規制がかかる場合は、路面状況が酷い為、スタッドレスタイヤだけでは大変危険なので走行できません。
そのため、冬場に高速道路で遠出する際は、チェーンを備えておく必要があります。

チェーン規制を守らないとどうなる?

・チェーン規制が行われているのにも関わらずノーマルタイヤのまま走行した場合・・・道路交通法違反となり違反点数の減点は無いものの、5~7千円の過料
・規制の指示があったにも関わらず無視して走行・・・「高速自動車国道等措置命令違反」「警察官通行禁止制限違反」となり、違反点数2点となります。さらに「安全運転義務違反」の可能性もある。

さらにチェーン規制の時にその措置を講じずに死亡事故を起こしてしまった場合は過失運転致死傷罪となり、7年以下の懲役若しくは禁錮、または100万円以下の罰金となります。

その他の注意点

高速道路での積雪時は早めに対策する
ひどい降雪となると、高速道路自体が通行止めになったり、チェーン規制になると、走行ペースが落ちるため、渋滞など思わにトラブルにつながる恐れがあります。

そのため、降雪時の高速道路の走行の際は、スタッドレスタイヤやチェーンの準備はもちろん、防寒対策や燃料の余裕を見ておくなどの対策をしておきましょう。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-メンテナンス

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.