クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

悩み相談

バイク事故-保険料をケチって後悔した

投稿日:

 

兵庫県 坂田さん(仮名) 男性 24歳の例

自損事故

バイクに乗っている時、急に人が道路に飛び出て来て、驚いて転倒するという自損事故を起こしました。

1ヶ月ほど前の夜、友だちと一緒に、バイクで港に向かって走っていました。

事故が起こった時は、友だちが前を走って、ぼくはその後ろを走っている形でした。

走っている道路の前方には配送用のトラックが駐めてあって、その横を通りすぎようと思ったその時、トラックの運転席のドアが開き、中から配送員が出てきました。

運転席のドアは車道側にあって、急に人が出てきたので、ぶつかると思って急ブレーキをかけ、ハンドルを右に切りました。

そして、その反動でバイクごと転倒してしまったのです。

ぼくはバイクに乗ったまま道路を横滑りする形となり、皮ふの大部分を擦るけがを負ってしまいました。

転倒したことに気づいた友だちがすぐに救急車を呼んでくれて、その後病院に運ばれました。

入院と休職

入院することになり、しばらくは仕事も休まなければなりませんでした。

後日、警察に事情を聞かれて、「トラックの運転手が急に飛び出してきたから転倒した」「あの運転手が悪い」と説明しましたが、事故との関連性が証明できないと言われてしまいました。

友だちはぼくの前を走っていたので、ぼくが転倒したところを見ていませんし、トラックの運転手も、ぼくが勝手に転倒したと言っているようです。

その後、結局あの事故はぼくが単独で起こした事故ということになってしまいました。

バイクを買った時、ぼくは「対人・対物」の保険に入っていました。

これはぼくが事故を起こしてしまって、相手をけがさせたり、相手の車を傷つけてしまったりした時に、保険会社がかわりに被害者にお金を支払ってくれる保険です。

でもぼくは、単独事故を起こした時に、自分の治療費やバイクの修理代を負担してもらえる保険には入っていませんでした。

だから今回の事故の治療費は自腹ですし、バイクも修理するなら自分でお金を支払わなければなりません。

後悔

今はあの場で転倒したことは、プラスに考えるようにしています。

なぜなら、もしぼくがあの時、そのまま走っていたら、トラックの配送員をはねてしまっていたかもしれないからです。

人をはねて犯罪者になってしまうことに比べたら、今回の結果はまだ良かったと思います。

ただそれでも、バイクを買った時に、自分の治療費やバイクの修理代を負担してもらえる保険に入らなかったことについては、悔やんでも悔やみきれません。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-悩み相談

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.