クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

悩み相談

大学のセクハラ教師を告発した

投稿日:

岩手県のOです。男性、21歳です。
僕は今、大学の指導教員に非常に嫌われてしまい、嫌がらせを受けています。このままでは卒論も完成させられず、留年してしまいます。

先生が女の子にセクハラ・パワハラ

今年の四月に研究室に配属され、その先生のもとにつきました。その先生の研究テーマを扱うのは僕と同期の女の子と院生の先輩3人(全員男)で、チームを組んで研究してきました。研究の内容は割愛しますが、遠方に出張へ行ったり夜間作業が必要だったりと全員とても密に関わらなければ遂行できないような内容です。配属後しばらくは穏便に進んでいたのですが、あるとき先生と同期の女の子との共同作業がやけに多いことに気が付きました。同期の子の担当分野は特に作業量が多く、僕たちも手伝うことが多かったのではじめは特に気にしていませんでしたが、それにしても先生が女の子に四六時中付きまとってるように思えました。そこで、院生の先輩方にも意見を伺ったところ同様の引っ掛かりを覚えているようでした。それだけならまだよかったものの、いつしか女の子にだけ明らかに不要な課題を課してまで泊まり込みの作業をさせるようになりました。

こうなると、流石に問題だと思いそれとなく女の子に聞いてみたところ、その先生から俗に言うセクハラ・パワハラを受けているといいます。はじめはご飯から始まり、二人きりでの夜間作業を強要されたり、資料探しと称して自宅に連れ込まれたりもしているそうです。女の子のほうにそんな気は全くないし、気持ち悪くて苦痛だとはいえ、先生に盾ついたら実験させてもらえなくなって研究ができなくなる、研究できなきゃ卒業できないから仕方ない、とのことでした。

先生を告発

その後、僕は大学の第三者委員会にこのことを告発しようと考えて女の子に証拠集めを頼んだり先輩方にも助力を頼みましたが、反応は芳しくありませんでした。その先生を告発したら、誰が告発したかもある程度絞られます。そうなると、もし先生が更迭されなかった場合の自分の身が危うくなります。でも、保身のために女の子一人を犠牲にするわけにはいかないので僕は告発しました。その結果、問い詰められた先生は研究室の皆に告発した犯人を聞いて回り、僕の仕業だと突き詰めました。それでも更迭されればよかったのですが、被害者である女の子が口を閉ざしてしまったため結局事件はうやむやになり、今度は僕に白羽の矢が立つことになりました。その結果は、初めに述べた通りです。

大学に行きたくない

それ以降僕は研究室内でも孤立して学校へも行きづらくなりました。行ったって研究できないから行くだけ無意味です。

あんな教員のせいで卒業できなくなると考えると悔しいです。何か手はないのでしょうか。

 

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-悩み相談

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.