クルマ、バイクを中心に、他のことも書いています。

街道の星★男気あふれるブログ

コラム

交通事故の加害者になる

投稿日:

現場でまずやるべきこと

まずは負傷者の救護、二次被害防止、警察(110)、救急(119へ連絡をする。

クルマを運転していれば、いつ加害者になるかわからない。
実際にあなたが事故の加害者になったらパニックになるかもしれないが、
あなたに明らかに落ち度がある場合は、謝罪はするべきだが、原則的に、警察が来る前にそれ以外のことをしてはならない。

世の中には当たり屋のような人種も存在する。
過度な謝罪や示談の約束などしてはならない。
相手方との間で、免許証等でお互いの住所や氏名、連絡先等の確認や、どっちがどうだった等の過失割合や示談の約束などは書面が無い口約束でも契約は成立する。

「ひき逃げ」などは言語道断だが、負傷者の救護義務は、道路交通法72条に規定があるが、後々の為にも必ず警察に報告をしましょう。

過失割合と責任

加害者には刑事上の責任と民事上の責任があり、行政処分の対象になる。

相手が負傷(死亡)した場合、あなたの過失がゼロでない限りは過失運転致死傷罪となり、刑事責任を負う。
あなたが交通違反が原因で事故になった場合は、危険運転致死傷罪になる。

また、過失割合により、相手にその損害を賠償する義務、つまり民事上の責任がある。
ただし保任意険に加入してる場合は、保険会社が代わりに支払うので、任意保険に加入していれば当事者が金銭的な負担をする必要はない。

あなたに交通違反がある場合は、その違反に対して反則金の徴収、免許の違反点数が加算される。
また、相手を負傷させた場合は、交通違反にかかわらず、負傷の程度や過失の程度により違反点数が加算される。
違反点数がにより、免許停止処分や免許取消処分になる場合がある。

被害者が重傷、死亡した場合

あなたの人生は一変する。刑事責任を負い、場合によっては、逮捕され身柄拘束を受け、裁判の結果、刑務所に行く可能性もある。
交通事故の原因が飲酒運転やスピード違反等の悪質な違反の場合は、勤務先を解雇される可能性がある。
刑務所に行かなくても、有罪判決を受けると前科者になる。

慰謝料、示談、弁護士について

任意保険に加入していれば、その保険会社がこれらの対応をしてくれるので、まずはご自身が加入する保険会社に連絡し対応を任せましょう。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

デルタ

関東のドライバーおよびライダーだよ。

-コラム

Copyright© 街道の星★男気あふれるブログ , 2019 All Rights Reserved.